ミックスダウンした曲をiTunes で共有するときの注意点!

Logic Pro Xで作ったオリジナル曲を色んな環境で確認したい?
そんな時はやっぱり、iTunesに追加するのが一番手っ取り早い!
というわけで、iTunesにバウンスする方法と”音量(音圧)”に関する注意点についてご紹介いたします。

 

Logic Pro Xなら共有が簡単・便利!

icon256

Logic Pro Xでは、自分のオリジナル曲を、iTunesライブラリやメディアブラウザで簡単に共有することができます。

【プロジェクトの主な共有先】

・iTunesライブラリ
・メディアブラウザ
・Final Cut Pro
・SoundCloud
・Apple Music Connect
・AirDrop
・メール

そして、iPhoneなどで持ち出して、イヤフォンやヘッドホン、または車などでも音を確認したいという時は、やっぱりiTunesに落とし込むのが手っ取り早し、超〜便利なんですよね。

 

共有の手順

3 曲をiTunesに

iTunesへの共有は簡単です。

「ファイル→共有→iTunes」と選択するだけです。

 

4 情報入力

このダイアログボックスで、必要に応じて情報を入力します。
ちなみに、情報の記入はiTunesでもできます。
音質も選べますが、デフォルトの最高音質でOKでしょう。
最後に「共有」をクリックします。

バウンス中

バウンス開始。
PCのスペックやデータ量によっては、ちょっと時間がかかります。。

 

iTunesで確認してみる

情報を見る

iTunesを開いて、「マイミュージック→最近追加した項目」で、確認することができます。
また、該当曲を「右クリック→情報を見る」で、楽曲内容を確認することができます。

詳細書き込み

ここで、曲名を変更したり、その他の情報を書き込むことができます。
歌詞なんかも書き込みができます。

 

音量(音圧)について

前項の、iTunesの楽曲の情報画面で、「ファイル」をクリックすると、ファイル形式やサイズなどを確認することができます。

そして、音量も表示されているので、ぜひ確認しておきましょう。
といのも、バウンスした楽曲は、他の購入した曲とは音量が違うから、です。

 

ケパサmasterファイル情報

僕が最初に勘違いしたのは、同じiTunesに落とし込んだのだから、他の曲と音量も同じになるものだと思っていたこと。

そして、他の曲より音量が小さかったら、音圧が足りないのだと思っていました
とんだ勘違いでした。
実はバウンスする音量なんて、大きくも小さくもできちゃうんですね。

 

音量はiTunesから配信されるときに統一される

 

ケパサ ファイル情報

僕の場合、”TuneCore”を通して、色んな音楽サイトから曲を配信しています。
iTunesもその中の一つです。

そして当たり前ですが、配信される際に、曲の音量は各サービスで統一されています。

オフィシャルに配信された曲の情報を見ると、ファイルの種類は、”Apple Music AACオーディオファイル”となっていて、音量の表示はありません
ちなみにサンプル画像は、バウンスしたものではなく、iTunesから配信されている同じ曲です。

 

 

まとめ

何が言いたいかというと、バウンスした曲が小さいからといって、「音圧が足りない!」と焦る必要はないということです。
音量が違うのは当たり前だからです。

個人的には、Logic Pro Xを使い始めて(DTMを始めて)、1年ほどで何とか配信まではこぎつけました。
音楽的センスは置いといて、痛感しているのは、音圧も大事なのですが、それよりも”ダイナミクス”の重要性

音圧にこだわりすぎて、オリジナル音源をどんどん壊しちゃっても、全く意味もないですから。。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る