ロジックプロでオーディオファイルのテンポを変更する方法

MIDIファイルは、簡単にテンポ変更できるけど、録音したオーディオファイルは、曲のテンポを変えてもそのままのテンポで再生される。
と思っていたら、ロジックプロではオーディオファイルもテンポ変更が可能だったのですね、素敵。。

 

テンポ変更すると、リージョンの長さが変わる

気分が変わって、途中でテンポを変えたいって時、誰しもあると思います。
でもMIDIは気軽に変えられるけど、オーディオファイルだけはそのままだし、なんか不便だ。。
不勉強だった僕はずっとそう思っていました。

 

テンポ100

テンポ100から85に変更すると、

テンポ85

MIDIは変更に追従しますが、オーディオファイルは小節数が短くなってしまいます。

 

テンポとピッチに従う

テンポとピッチ

いやぁ、なんのことはありませんでした。
リージョンインスペクタの”テンポとピッチに従う”にチェックを入れるだけでした。
いとも簡単に小節数がそろいました。
”タイムストレッチ”された、というわけです。

ただし、極端に変更してしまうと、不自然な音になるので、やりすぎには注意です。
また、あくまでもLogic Pro X上で録音されたもの、もしくは”Apple Loops”の素材のみが対象ですので。

 

まとめ

オーディオファイルのテンポを変更したい場合は、

・”テンポとピッチに従う”にチェックを入れるだけ

・変更できるのは、Logic Pro X上で録音されたもの、もしくは”Apple Loops”の素材だけ

・やりすぎると音が不自然になる

 

ですね。
本日は以上です!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る