サクッとマスタリングしたい時に便利!”フリーズ”機能

当たり前ですが、DTMでは作業が進むほど、プロジェクトのデータもかさんで、CPUにも負荷がかかり、だんだん重たくなっていきます。
Logic Pro Xでは、そんな負荷を抑えてくれる”フリーズ”機能があるので、なかなか重宝します。

 

マスタリングは、データをすべてオーディオファイルに変換すべし!?

スクリーンショット 2016-05-24 22.00.45

マスタリングの際は、データをすべてオーディオファイルに変換するのが常識?だとよく聞きます。
というのも、CPU負荷の限界を超えると、プチノイズが発生したり、再生の途中で止まったりするんですよね。
ですから、オーディオファイルに変換したほうが、当然CPUの負担も軽くなる、というわけですね。
でもでも、当たり前だけど、打ち直しが効かないし、エフェクト以外はいじれなくなっちゃうんですよね。

 

フリーズ機能とは?

782a2616eed54df862c857fc619eb46c_s
Logic Pro Xのフリーズ機能は、簡単に言うと、音源トラックをオーディオファイルに書き出してくれる、機能です。
フリーズすると、オーディオファイル同様にいじれなくなりますが、変換するわけではないので、いじりたい時は簡単に解除することができます

 

フリーズボタンを表示させる

フリーズボタン表示前

デフォルトでは、フリーズボタンは表示されていないので、まずは表示させます。

 

トラックヘッダを設定

トラック上で、「右クリック→トラックヘッダを設定(option+Tでも開けます)を選択」。

フリーズを選択

上図のような設定画面が出るので、”フリーズ”にチェックを入れます。

 

より負荷を軽減できるのは「プリフェーダー」

プリフェーダー

フリーズする際、さらに”インスペクタ”で、「ソースのみ」か「プリフェーダー」を選択できるのですが、よりCPU負荷を軽減できるのは「プリフェーダー」です。

違いは以下の通りです。

”ソースのみ”は、エフェクトに送られる前の信号をフリーズする。

”プリフェーダー”はボリュームフェーダー前の信号をフリーズする。

つまり、「プリフェーダー」は、エフェクトも含めてフリーズするというわけです。
だからより軽くできるというわけです。
したがって、フリーズ中はエフェクトの変更はできませんが、フリーズ解除は簡単にできますので、CPU的にはプリフェーダーにしておくのがオススメです。

ソースのみ

ちなみにプリフェーダーの場合はボタンが緑、ソースのみの場合は青、になります。

 

再生ボタンを押すとフリーズ処理される

フリーズ中

フリーズボタンを押した直後に、再生ボタンを押すと処理が開始されます。
その間は曲は流れません。

 

まとめ

いちいちオーディオファイルに変換するより、フリーズの方がお手軽ですよ、ってこと。
ちなみにフリーズすると、プロジェクトの「Freeze files」フォルダにオーディオファイルとして保存されますが、解除すると、ファイルも削除されますので。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る