DTMで作詞する方法、オレならこうする

作詞って、みんなどうやってるんだろう?
よくメロ先が主流だと聞くけど、それはやっぱり作詞の方が難しいから、だと思うわけです。
DTMをゼロから取り組んだ、僕なりの作詞法をご紹介したいと思います。

 

普段から単語、フレーズを収集する!

e10b24d3018e76d36da497e9721062da_s

マイコレクション!

 

 

 

 

 

 

 

 

よく聞く話だけど、凡人にはやっぱネタ帳は欠かせないのです。
ノートでもスマホでもいいけど、目や耳にした気になるフレーズはとりあえずメモしちゃう。

 

 

IMG_9793

アナログ作業も必要だね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今なら、歌ネタもお笑いネタも、とりあえずスマホでメモしちゃう。

 

 

 

なんだかんだ基本を押さえる!

 

 

IMG_9796

基本構成はこれだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、紙に書いた基本構成図。
詞なんだから、自然に書ければそれが一番いいけど、凡人にはなかなかそうはいかないんです。
きっちりこの通り作るわけではないけど、あったほうが楽。

絶対ではないけど、押さえるポイントは「テーマ」と「起承転結」。
そこを抑えつつ、後から調整や修正する感じ。

ちなみに僕が参考にした本はこんな感じ。

 


・これから始めるための作詞入門〜北村英明

・楽しく学べる作詞作曲〜野口義修

・歌詞から作曲ができるようになる本〜野口義修

・イメージした通りに作曲する方法〜梅垣ルナ


どれで目にしたか忘れちゃいましたが、あの阿久悠さんも、作詞にルールはないけど、基本は押さえるに越したことはない、みたいなことを言ってたそうです。
僕も実際に、ペラ1枚にまとめておくことで書きやすくなりましたし。

 

テーマを元にメモ帳からフレーズを抜き出す!

 

 

IMG_9794

抽出作業!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、決めたテーマを念頭に置いてネタ帳やメモに目を通します
なんとなく引っかかったワードをA4のコピー用紙に、書き出します。
そしてそれを眺めます。

眺めながら、フレーズ同士をくっつけて実際に声に出します。
メロ先であれば、口ずさんでいくわけです。

 

 

サビから書く!

 

 

IMG_9795

先にサビを決めちゃう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽く歌いながら、サビから書いちゃいます。
その前後は、基本構成図も参考にしながらすり合わせていく。
ま、歌い出しからサビというパターンもあるので、case-by-caseですが、サビから決めたほうが僕は楽なのです。

 

 

まとめ

 

 

結論は、阿久悠さんの言う通り、基本を押さえるにこしたことはない、ということでしょう。
あとは目にした光景、見た映画などから得た言葉を、日頃からメモっておくということ。
それくらいは、詞を書く人はみんなやってんのかな。

 

 

 

それにしてもですよ。
僕が子供のころ聴いていた昭和のヒット曲。
大人になってその詞を見てみると、すんげーなというものばかり。

洋楽なら音の響きだけでも聴けたりするけど、日本語の曲ならそうはいかないんだなぁ、なんて。
一握りの人しか売れない世界、やっぱ奥が深いね!

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る