誰でもできる! 要確認、 “Apple Music”で アーティスト デビューしよう!

昨今、誰もが可能となった、あらゆる音楽配信サイトからオリジナル曲を配信する方法と、Apple Musicをファンとしてだけでなく、アーティストとして活用する方法について解説いたします。

 

2015年の音楽売上、米国ではストリーミング音楽配信がダウンロード超え!

 

 

スクリーンショット 2016-04-09 21.34.10

2015年の夏からApple Musicがストリーミング配信を開始したことも影響があったのか、アメリカの音楽売上ではストリーミング配信がダウンロードを上回り、ついに最大市場となりました

CD売上の巻き返しが考えにくいように、流れから行けば、ますますストリーミング配信が主流となると言えるでしょう。

 

“TUNECORE JAPAN”を通して、あらゆる音楽配信サイトからオリジナル曲の配信が可能!

 

 

スクリーンショット 2016-04-09 20.54.10

知る人ぞ知る、“TUNECORE JAPAN”を活用することで、個人でも”iTunes”、”LINE MUSIC”や”amazon music”など、世界中の様々な音楽配信サイトからオリジナル曲をリリースすることができます

スクリーンショット 2016-04-09 20.54.47

決してメジャーデビューだけが全てではない時代となってきています。
また、CDなどの物理的メディアを販売することを考えると手数料も格安です。

どうしてもメジャーデビューしたいというアーティストもいると思いますが、当然、音楽関係者もチェックしているみたいだし、アピールの場としてもどんどん活用すべきでしょう。

 

Apple Music Connectを”アーティスト”で利用するには、楽曲をApple MusicまたはiTunes Storeで提供してる必要がある

 

 

apple music for artists

当たり前のようですが、”Apple Music Connect”をアーティストとして利用するにはすでに楽曲をApple MusicまたはiTunes Storeで提供している必要があります

 

 

これからの方は”CD Baby”か米国の”TuneCore”を通してもできますが、どちらも英語サイトなので、英語が苦手な方は、当然“TUNECORE JAPAN”がオススメです。

楽曲配信ができたら、Apple IDでログインして、「+」をクリックしてApple Musicアーティスアカウントの管理機能をリクエストするだけです。

itunes connect top

スクリーンショット 2016-04-09 23.15.44

スクリーンショット 2016-04-09 23.15.50

リクエストをしたら、あとは承認を待つだけです。

 

Facebook・Twitter連携で投稿しちゃおう!

IMG_9391

僕の場合、リクエスト後およそ1週間程度で上図のようなメールが届きました。
これで”Connect”からアーティストとして投稿ができるようになったわけです。

ちなみに、”Connect”からの投稿はオプションでFacebookとTwitterに連携することもできます。

IMG_9388

⇓ コメントを書き込む

IMG_9389

⇓ TwitterとFacebookを連携

IMG_9390

下図のように、コメントを添えた曲紹介を投稿することができます。
自分の曲はもちろん、他のアーティストの曲紹介もできます

IMG_9386 ←投稿後の画面

 

ストリーミング配信が隆盛だからこそやる価値がある!

 

 

スクリーンショット 2016-04-09 20.18.46

ユーザー(リスナー)の立場で考えればわかりますが、CDはおろか、ダウンロード(有料の)でさえなかなかしてくれない時代です。

しかしながら、ストリーミング配信だからこそ気軽に聴いてくれるということがあります。
シェア率がものを言うので、メジャーでない限り、本職と言えるほどの収益化まではなかなか難しいでしょう。

ただし、売上がゼロということも考えにくいことも事実です。
ちなみに上図は僕の売上レポートです。
超微々たるものですが、確認するといくらばかりか売上が付いていました。
ただし、ダウンロードはゼロです・・・

 

まとめ

 

 

・”TUNECORE JAPAN”を通してオリジナル曲をリリースしよう!

・”Apple Music Connect”でアーティスト登録しよう!

・”SNS”を連携して発信しよう!

・ダウンロードよりも再生してもらうことがポイントである!

 

よほどの歌唱力がない限り、今や自らクリエイトする人たちこそ評価され、認められる時代です。
アートの世界は正解はないですが、昔では考えられない環境が目の前にあり、その気にさえなれば、誰もが利用することができます。

 

追伸

ちなみに僕はもともと芸人の端くれです。
芸の肥やし、かつ趣味の延長で曲を作ってなんとか配信まで独学でやってみたまでです。

なので、アーティストとしてのライブはもちろん、音楽活動らしいことは全くやっていません。
案の定、ダウンロードこそされていませんが、売上があることに正直びっくりしました。
つまり、いかにして再生してもらうか?
これこそ重要なポイントになりそうです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る