初心者でもプロ並みに演奏できる!iOS GarageBandの”Live Loops”

iOS版のGarageBandに今年から追加された新機能、”Live Loops”。
楽器経験がない人でも、指先だけでエレクトロニック・ミュージック演奏をプロ感覚で楽しむことができます。
画像と動画を使ってその使い方を解説いたします。

 

エレクトロニック・ミュージックの様々なジャンルに対応!

 

 

スクリーンショット 2016-04-18 20.35.24

EDM、HouseからR&BやRockまで、この”Live Loops”では様々なジャンルに対応し、ジャンルごとにテプレートが用意されています。
もちろんオリジナルのアレンジも可能です。

GarageBand上で録音するだけでなく、他の楽器とアンプなどを組み合わせてライブなどでも活用することも可能!

 

ホントに指先でタップするだけ!

 

 

スクリーンショット 2016-04-18 20.57.40

ちなみに画像はiPhone上のものです。
基本的に、セルごとにサウンドが設定されています。
下の赤丸部分をタップするとその縦列のセル全部が演奏されますし、セルのみの演奏も可能です。

横のセルは同時には演奏されません。
同時演奏は縦のみです。

 

空いたセルに、Apple Loopsから追加できる!

 

 

スクリーンショット 2016-04-18 21.13.59

Apple Loopsから、空いてるセルにドラッグするだけで、好きな音を追加することもできます。

スクリーンショット 2016-04-18 21.20.19
演奏中でもできちゃいます!
じゃんじゃんアレンジしましょう!

 

FX機能で、まさにDJ気分!

 

 

スクリーンショット 2016-04-18 21.27.16

FXと言っても、もちろん為替取引じゃないですよ・・・
この機能を使うとまさにDJ気分が味わえます。

 

スクリーンショット 2016-04-18 21.33.38

セル上のサウンドを鳴らしながら、赤枠の部分をスライドさせると音を変化させることができます。
直感的に操作できるので、初心者だろうとプロだろうと関係なく演奏することができます。

 

 

実際に演奏してみた!

 

 

ま、参考までに。

 

まとめ

とにかく、DTM関連の進化が目覚ましい今日この頃。
今後ますます、誰もが気軽に演奏でき、気軽に楽曲をリリースできる環境が整ってくると思われます。

というか、その気になればすでにそれが可能なわけで、実際にど素人だった僕もiTunesなどの各配信サイトから3曲ほどリリースしています。

触らなきゃ身につかないし、アイデアも生まれにくいと思うので、音楽好きならジャンジャンやっちゃいましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る