初心者がDTMを始めるなら”Logic Pro”!その理由とは?

老若男女問わず、初心者が今DTMを始めるなら、”Logic Pro X”がオススメです。
その理由について、”主観的”に述べたいと思います。

 

値上げされるも相変わらずリーズナブル!

 

 

icon128-2x

実を言うと、僕も使い始めたのは”X”からなのですが、僕が買った時は19,800円でした。
今確認すると、23,800円になってるんですね。
それでも、一般的な作曲ソフト、いわゆるDAWソフトに比べれば、その内容からすると安いと言われています。

 

 

プロも使うような有名どころのソフトは少なくとも4万円以上、上は10万円を超えるものも珍しくありません。
後々、有料のプラグイン(モノによっては馬鹿にならない!)も購入するであろうことを考えると、俄然”Logic”がリーズナブルだということができます。

 

 

もちろん、無料で使えるフリーソフトもいろいろありますが、どれがいいのか色々調べたり、また使い方を調べたりすることに時間を費やすくらいなら、最初から”Logic Pro”で始めた方が絶対まちがいないです。

フリーソフトは、言っても所詮無料です。
有料ソフトに引けをとるに決まっています。いいソフトをいじってみればすぐに分かります。

 

ビジュアルがいい!

 

 

 

screen800x500

見た目って、重要ですよね。
たぶん、アップルが一番こだわっているところじゃないでしょうか。

DTMって、やりだしたら地味な作業の連続だし、忍耐力も意外と必要だったりします。
見た目が”カッコイイ”と思えるものを使った方が、モチベーションも変わってきます。

 

直感的に操作ができる!

 

 

screen800x500-2

実際に触りだしたら、必ずマニュアルは必要になります(アップルでユーザーマニュアルが用意されています)が、たとえとりあえずでも、Logicの場合はすぐに操作ができるので、いきなりワクワク感を味わうことができます。

初心者でも、「これなら続けられる!」という期待感を持てると同時に、とりあえず音を出すことが楽しくなっちゃって、しばらくはいじり続けてしまうはずです。

 

iPadの”Logic Remote”を使えばさらに良し!

 

 

400x40000bb

iPadの”Logic Remote”は、単にリモコンとして(この機能だけでも便利だけど)だけでなく、MIDIキーボードがなくても、打ち込みをすることができます

IMG_0384

特にコードの打ち込みなら、僕みたいにたいして楽器ができない人は、むしろ”Logic Remote”でおこなったほうが効率よくおこなうことができるでしょう。

IMG_0340

 

 

iPhoneでも”Logic Remote”が使えるようになった!

 

 

IMG_9240

昨年(2015年)までは、”Logic Remote”はiPadだけでしか使えなかったのですが、今年からiPhoneでも使えるようになったみたいです。
つい最近、僕も知りました。

とはいっても、iPadに比べればできることはかなり限られてきます
断然、iPadも持つことをオススメします。

 

”GarageBand”も活用できちゃう!

 

 

400x40000bb-2

”Logic Pro”は、”GarageBand”の進化版とも言われますが、”GarageBand”も、いじってみればかなりの優れものだということが分かります。

特にiPhoneやiPadのアプリでいじってみれば、”直感的な操作”というものを身をもって体験できると思います。

何より無視できないのが、”Logic Pro”と”GarageBand”の互換性です。
外出先での録音などには、iPhoneやiPadの”GarageBand”を利用して、仕上げは”Logic Pro”で行う。

僕も個人的に、この部分をかなり重宝しています。
それも”iCloud”経由でファイルを送るので、何も面倒臭くありません。

 

まとめ

 

 

iPhone6+

 

結局、モノを全部アップルで揃えるということになりますね。
僕は決してアップルの回し者ではありません。

でも、もしあなたがMacユーザーならもちろん、”iPhone”、もしくは”iPad”を持っているとすれば、音楽を始めるならば”Logic Pro”は決して損にはならないでしょう。

アップル関連製品は、何よりウェブ上での情報量が違います。
ちょっとしたことならば、検索すれば誰かが答えを用意してくれています。

 

追記

正直僕も全てを使いこなせていませんし、やり始めたらDTMのみならず音楽の奥深さに翻弄されっぱなしです。
それでも、こんな僕でも曲を完成させて、iTunesなどからも配信することができています。

そんな個人でも気軽に配信できる時代になったのです。
その辺りの”How To”も含めて、ちょっとずつ発信していきたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る