サンプラーはiOSの GarageBandを 使ったほうが簡単!

Logic Proでサンプラーを使うとき、自分の声や雨・風、動物など自然の音を録音する場合などは、iPhoneやiPadのGarageBandのサンプラーが便利!
今回はその活用方法について解説いたします。

ちなみにサンプラーとは、録音した音をシンセサイザーなどの鍵盤から音を出してくれる装置のことですね。

 

 

まずは”iOS”GarageBandのサンプラーを開こう!

 

スクリーンショット 2016-04-15 21.07.09

僕が最初思っていたように、「これどう使うんだ?」という人、結構いるんじゃないでしょうか?
いじったら面白さがわかるので、とりあえず開いて使ってみましょう!
上図赤枠のトラックのほうで見つかります。

スクリーンショット 2016-04-15 21.15.38

開くと上図のような画面が出ます。
デフォルトで、犬の吠える声など幾つかサンプルが入っているので、試しに鳴らしてみましょう。

 

自分の声を録ってみよう!

 

 

スクリーンショット 2016-04-15 21.28.01

「new sample」を選んで「start」を押すだけです。
簡単!
止める時はもちろん「stop」を押すだけです。

 

スクリーンショット 2016-04-15 21.39.59

こんな感じで、オーディオファイルが出来上がります。

スクリーンショット 2016-04-15 21.41.20

「my sample」をタップすると、「This song」のほうに追加されています。
ちなみに今回は、デフォルトのサンプルも含めて、適当に作った楽曲の中に放り込んでみました。

スクリーンショット 2016-04-15 21.48.07

上図のように、MIDIファイルとしてトラックが追加されました。
「Unblievable」が僕の声で入れたファイルです。

 

 

ファイルを”Logic Pro”で開く方法!

 

 

①”iCloud”経由で取り込む方法
スクリーンショット 2016-04-15 21.57.05

2通りご紹介しますが、まずは”iCloud”経由で取り込む方法です。
iPhone上からLogicに取り込みたいファイルを、上図赤枠をタップしてiCloudにアップロードします。

 

スクリーンショット 2016-04-15 22.11.03

そしたら今度は、MacでGarageBandを開いて、「iCloud→iOS用GarageBandの曲を読み込む」の手順で開きます。
開いたら、保存して閉じます。

つまり、一旦はGarageBandのファイルとして保存して、それを改めてLogicで開くというわけです。
しかしこの方法には、一つ弱点があります。

スクリーンショット 2016-04-15 22.18.07

上図のように、開きたいファイルが「待機中」になっていることが多々あります。
今回開きたいのは「Electro funk by Nabeo’s sample」です。

②”AirPlay”で読み込むほうが速い!

スクリーンショット 2016-04-15 22.23.48

正直、紹介するのはこの方法だけでよかったかもです・・・
”AirPlay”経由ならあっという間です。
「ダウンロード」フォルダに保存されます。

スクリーンショット 2016-04-15 22.32.32

これをGarageBandではなく、右クリックで「このアプリケーションで開く→Logic Pro X」の手順で開きます。

スクリーンショット 2016-04-15 22.43.26

Logicで開いた!
ちょっと長くなったので、次回この続きを書きたいと思います。
実際に音の感じも、動画で載っけますので。

 

 

まとめ

iPhoneユーザーなら無料で使えるGarageBandも進化していて、かなりクオリティーが上がっています。
また機能によっては、PCで使うLogicよりもiPhoneやiPadを使った方が効率が良いケースも意外とあります。
それこそケースバイケースで、使い分けて活用してみましょう!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る